キャッシングなら派遣の方でも在籍確認の電話なしで借りれる金融はこちら

MENU

派遣でもキャッシングの審査で在籍確認なしになる方法とは?

 
勤務先に確認の電話がかかってくるのが不安な方!



 

↓派遣は審査が厳しいと思っていませんか?↓
在籍確認なしで安心消費者金融プロミス
↑安心して申し込めるプロミスのキャッシング!↑

派遣社員は消費者金融など申込む際に審査が厳しいと思い込んでいませんか?
実はそんなことはなんです。やり方によっては、正社員のような正規雇用と同じ信頼度で審査を受けられるんです。
派遣社員のあなたは、まだ国民健康保険のままですか?可能なら派遣会社に申請してすぐにでも社会保険に切り換えるのをオススメします。保険証を社会保険証に変えるだけで正社員と派遣社員との差がなくなるんです。それだけ金融機関における社会保険証の信頼度は高いんです!

 派遣社員は、派遣先である勤め先にも、登録会社である派遣元にも気を遣っているので大変です。
クレジットカードやキャッシングの在籍確認の電話審査は少し恥ずかしくわずらわしい存在であることは間違いありません。

 

 いくら景気が上向きになり、派遣の仕事も増えたとはいえ、まだまだ不況の流れはあります。
派遣だとボーナスや交通費支給もないので、お金がない人も多いのです。お金がなくても、友人同士の付き合いや衣服などお金を出さなければならないのです。

 更に、正社員よりも身なりや振る舞いに気をつけなければ契約更新や次のお仕事もなかなかこなくなってしまいます。
そのような場合には、キャッシングが便利です。いつでも必要な時に、お金を引き出すことができるからです。しかし、契約するうえでは、必ず審査が必要です。
この審査の中に、在籍確認というのがあるのです。
在籍確認とは、金融機関が実際に会社に電話をしてくるというものです。その職場で働いていることを確認する作業になります。
しかし、派遣ともあろう立場の人間がキャッシングをすることを、派遣元の登録会社に知られてしまいたくはありません。

 

 でも、ご安心ください!
電話による在籍確認無しにする方法があります。キャッシング申し込みの際に、勤務先に電話をしないよう伝える。これだけです。これだけで、通常は別の方法による確認に切り替えられます。
社員証や、会社名と期限の入った健康保険証、給与明細などの提示です。金融機関にとってみれば、その会社に在籍しているかどうかを、客観的に知りたいだけなのです。
なお、これら別の方法が採用されている金融機関と、そうでない金融機関とがありますので、申し込みをする前にきちんと確認しておきましょう。



 

消費者金融のよくある質問こちら

在籍確認の電話に本人が出ても良いですか?

はい、お答えします。申し込みの審査の際に勤務先にっ買ってくる電話にはその会社のどなたが出ても問題ありません。もちろん、ご自分が出られても問題ありません。在籍していることを確認する方法と言ってもただ、呼び出しをしてもらうだけです。「○○様はいらっしゃいますか?」と訊いて「少々お待ち下さい」もしくは、「ただいま席を外しております」という返事が帰ってくれば在籍確認の審査は完了です。その場合に、決して消費者金融を名乗ることは決してありません。担当者の個人名を名乗ってかけてきます。もし「そのような人はうちの社にはおりません。」という返事があると、在籍の確認が取れなかったということで、そこでアウトとなります。

消費者金融から自宅に届く郵便物は何がありますか?

はい、お答えします。契約後に契約書類、そしてカードが送られてきます。その後、月々の利用明細書が毎月送られるようになります。それとは別に送られてくるのは利用している消費者金融からのお知らせの手紙になります。例えば「増額のお知らせ」もあります。また、返済が遅れてしまった場合も、手紙が届くようになっていますが、その前に携帯電話、次に自宅の電話、そして勤務先の電話の順番で連絡が来ます。催促の手紙が来るのはその後です。

消費者金融キャッシングメモ

 
派遣社員の方は非正規雇用ということになってしまうとどうしても消費者金融の審査が厳しくなるという話もあります。正規雇用の方と比べると勤務先に在籍していることを証明する書類の数が少ないからです。
と言っても、派遣社員の方もアルバイトやパートの方でも、安定した収入があれば消費者金融を利用することは可能なので、心配する必要はありません。正社員など正規雇用の場合では省かれる審査がいくつかあるということで時間が短縮されるというだけです。

消費者金融の審査において「在籍確認」の審査を電話以外で行って欲しいと考えている方は少なくありません。正社員の方の場合は勤務先名の入っている健康保険証と社員証などを用意すれば大丈夫なので、証明書類での在籍の確認が取れるようになっていますが、非正規雇用の方の場合は国民健康保険なので勤務先名は入っていないため、在籍の証明にはなりません。

 

ですが、派遣の方でも収入証明書を提示すれば電話確認の代わりとなる場合もあります。勤務先名の入っている源泉徴収票や給与明細などです。直近のもので、申込者の名前と勤務先が明記されていることが絶対条件です。他の審査の内容に問題なければ電話連絡なしにしてもらえる可能性はあります。後は、電話連絡が困るという職場での自分の事情をしっかりと伝えることが大事です。

 

派遣の方が申込む際に誤解しやすいのが、派遣先を勤務先として申込み時に記入してしまうことです。勤務先は派遣登録をしている派遣元です。中には誤解ではなくワザと派遣先の情報を記入する方もいますが、確かに在籍確認の電話連絡が来た時に、自分が電話対応できるからと勤務先を選択したくなるかもしれません。派遣会社にほとんど顔を出したことがなくても、在籍確認の電話連絡は派遣会社にかかってきます。もし、その状況が困るようであれば、消費者金融の担当の方に相談してみるか、あらかじめ派遣会社のほうに、審査の電話がかかってくるかもしれない事を伝えるのが良いでしょう。その際、消費者金融からとは言い辛いでしょうから、クレジットカード会社からと伝えれば問題無いでしょう。